個人信用情報とは・消費者金融とは・借り入れ方法・インターネットキャッシングとは・ウェブキャッシング・おまとめ即日キャッシング・振込みキャッシング・女性専用レディースローン・学生ローン・一本化・高額融資・即日審査・借り易い やすい・甘い

  HOW TO CASHING TOP
即日キャッシング
一般キャッシング
銀行系低金利ローン
女性専用キャッシング
学生専用ローン
事業者専用ローン
目的別ローン
クレジット特集

初めての方大手で選ぶ
無利息サービス有り
借り入れ1〜3件くらい
借り入れ5件くらい
ネット上でのお試し審査が出来る
主婦・アルバイト・パートでも大丈夫
低金利で一本化したい!おまとめローン
数社に一括申し込みしたい!

キャッシング初めての方
無人契約機とネットキャッシングについて
融資可能額と借り入れ件数について
信用情報機関について
消費者金融Q&A
闇金にご注意
個人信用情報
.「個人情報」と「個人信用情報」の違い
.個人信用情報は個人情報のなかの一部の情報であり、別々に存在するわけではありません。
個人信用情報は、消費者ローンやクレジットに係わる契約内容・返済状況等に関する客観的事実の情報のことですので、それ以外の思想・信条・趣味等の個人情報は信用情報に含まれません。
個人信用情報機関では、この個人信用情報のみを取り扱っています

どのようなものを「個人信用情報機関」と呼んでいるか?
個人信用情報機関は、会員である企業などから消費者の金銭借入に係わる返済状況等の信用情報を管理し、会員の照会に応じて信用情報を提供することを主な業務としています。それとともに、信用情報という個人の経済活動に関する情報を管理していることから、プライバシー保護にも十分配慮した業務運営を実施しています。なお、特定の企業や個人について、一般的な依頼に応じて各種の調査を行う興信所などは、個人信用情報機関にあたりません。

個人信用情報機関の役割と責務
役割
個人信用情報機関が適切に業務を遂行することにより、消費者にとっては迅速な与信判断による円滑な資金融資が受けられ、一方貸す側である個人信用情報機関の会員(与信企業)にとっては、過剰貸付や貸倒れ防止等のリスク回避が図れることになります。
責務
個人信用情報機関は上述のように公共的役割を担う一方で、信用情報が目的外に利用されることのないよう安全対策や定期的な顧客情報精査を実施するとともに、消費者に対し情報開示や情報に誤りがある場合の訂正・削除の機会を提供するプライバシー保護策を講じています。
個人信用情報機関は、会員における適正な与信体制の確保に資するために、収集した信用情報の最新性・正確性の維持と適切な情報管理を責務として捉え、業務を行っています。

個人信用情報機関は、会員に対しては適正な与信による過剰貸付防止に寄与できる信用情報の提供を、消費者に対しては大切な個人情報に係わるプライバシー保護を念頭におき、これら2つの要素のバランスを保つことを最重要課題と考え業務を行なっています。

情報管理
情報管理の面では、会員に対して実施している定期的顧客情報精査、情報センター独自に行っている顧客情報精査などがあり、情報の正確性・最新性維持のための重要な業務と位置付けています。更に、情報漏えい、目的外利用チェックのための、モニタリング業務も実施しています。

会員管理
会員管理としては、入会の諾否の判断から始まり、会員への講習、研修、連絡事項の伝達、問い合わせ対応等があります。全情連加盟の情報センターでは、会員店舗に情報センターとの窓口となる責任者として「信用情報取扱主任者」の設置を義務付けています。

消費者対応
個人信用情報機関が消費者と接する場面は、本人開示業務、本人申告コメントの受付、問い合わせ対応等があります。消費者のプライバシー保護の観点から、消費者対応も個人信用情報機関の重要な業務と考えています。

個人信用情報機関に登録される内容
全情連加盟の情報センターに登録されている情報内容についてご説明します。大きく分けて、会員からの収集情報と情報機関の独自収集情報があります。

■会員からの収集情報
(a) 個人を特定する情報
氏名・生年月日・性別・住所・電話番号・勤務先・勤務先電話番号など
なお、思想・信条・家族構成・趣味等の情報は登録されません。
(b) 個人のお取引に関する情報
借入日・借入金額・入金日・残高金額・入金予定日・完済日など
(c) 個人のお取引から発生する以下の情報
・ お約束の支払日を過ぎてもお支払がない場合の延滞情報
・ 延滞状況が解消した場合の情報
・ 債権回収および債務整理等がなされた場合の情報
・ お約束の返済日を過ぎ、保証会社等が契約者ご本人に代わってお借入残金を返済した情報
(d) 消費者保護ならびに与信を補足するための情報
・ 会員が情報センターに照会した日付等の情報
・ 連帯保証人の情報
・ 非会員へ債権を譲渡した情報
・ 本人申告情報
お客様の申告内容を全情連加盟の情報センターに登録することができます。例えば、身分証明書の紛失による悪用、自分の名義を他人に使われる等の被害を軽減する効果が期待できます。登録費用は無料です。
(e) 法人を特定する情報
法人名・住所・代表者名・設立年月日・電話番号など
(f) 法人のお取引に関する情報
「(b)個人のお取引に関する情報」と同様です。
(g) 法人のお取引から発生する以下の情報
「(c)個人のお取引から発生する以下の情報」と同様です。
(h) 与信を補足するための情報
「(d) 消費者保護ならびに与信を補足するための情報」(本人申告情報を除く)に加え、会社更生法の適用申請、会社整理・特別清算の手続きの申立をした情報


■信用情報機関の独自収集情報
(a) 官報に公告された公的記録情報
(b) 電話番号から本人確認するための電話帳掲載情報等


無人契約機とは
巷で流行の無人契約機。 なんで無人なんでしょ?
本当にヒトはいないのでしょうか?  対面の審査と違うのでしょうか?
結論から言って、無人だからといって審査は甘くなりません。
どちらかというと店頭より厳しくなる傾向があります。
融資審査に「クレジットスコアリング」を用いるようになったので機械的に行う無人契約機が出回るようになりました。 ですからTVでやっている「無人契約機も店頭と同様の審査をしております」、、、というのは本当です。(まさか店頭の方が甘いとは言えませんから)
なぜにこんなに無人契約機が世に溢れているのでしょうか?
その理由は2つあります。
ひとつは「リストラ」です。
無人契約機は各業者の「集中受付センター」「コールセンター」という部門でパートや人材派遣を使って一括して審査を行っています。
そうすると人件費や管理経費が浮きますよね。 そういうことです。
もうひとつは企業の「株式店頭公開」に関係しています。
某証券会社によると、貸金業は株式上場の条件として一定規模の店舗展開が要求されています。
無人契約機の設置してある場所は1店舗(各個に営業登録が必要)として扱われます。
安い設備投資で簡単に支店が増やせる無人契約機は、経営戦略の上でとても都合が良い存在であるといえます。 
そして完全に無人かというとそうでもありません。
消費者金融の無人契約機は必ず2つ以上の監視カメラが設置してあります。
入口のドアを開けたときから既に監視されていますので、不審な動きをしたり、複数の人数で入ったり、メモを見ながら申し込み票に記入するといきなり警告されます。
さらには立地上の関係から契約機の裏部屋に人間が待機している場合も多々あります。
また、契約機本体にもデジカメが内蔵してあり、申込者の写真を勝手に撮影しています。
シロウト考えでダマそうなんてとてもできません。
  銀行でお金を借りるのも気が重いのに、それがサラ金となるとなおさら。そんな憂鬱を解消してくれたのがあの「無人契約機」。♪ラララむ●んくん…なんていうのは、今や当たり前。この手軽さがかえって問題だったりするのだが。これは、担当者から名前、住所、勤務先などを聞かれることも無く、あくまで「機械」相手に気軽に借金が出来るという仕組み。
とはいうものの、この無人契約機、実際には人間がかなり関与している。機械とは別の場所に集中管理する部署がある。そこで担当者がテレビモニターに映し出された客の姿をチェックしている。客が申込用紙に記入している間に、信用情報センターに照会され、勤務先・勤続年数・年収・住宅形態などが分かるようになっているのだ。
担当者はこのとき客の風体などもひそかにチェックして、それぞれの人物(客)に対する信用度を評価している。あくまで「見た目」だから、機械には判定できないということ。無人契約機を使えば、たしかに「対面」することはないが、結局、機械を隔てて人間がいるだけ。極端な言い方をするならば、ハリボテのロボットの中に人間が入っているというイメージかもしれない…。
で居心地はというと、顧客アンケートによりますと無人契約機よりも店頭審査の方がいいという結果があります。
無人契約機でカードを申し込む手順
一、身分証を準備しお店へ
まずは、ご利用されます会社の無人契約機の場所を選びます。無人契約機設置場所が分からない場合は駅前などを探してみましょう。この際、身分が証明できるもの(運転免許証、健康保険証等)が必要です。
 

二、入室し機械の指示に従います。
無人契約機に入室すると機械が簡単に説明してくれます。申し込み用紙が用意されている場合もありますので機械に従ってください。
こちらの必要事項(お名前、ご住所等)を書いて機械の指示に従います。その場には誰もいませんので安心です。
 

三、審査に入ります。
機械の指示通りに行っていき、審査に入りますとアナウンスが流れます。審査では融資が可能か、又いくらまで利用可能かなどを調べます。時間は各社違いますが、だいたい15分程度だと思われます。この審査は機械が調べているのではなく、別の場所にいる人が調べています。
 

四、審査終了後、契約。
審査が終了し、融資可能となりました場合は契約に関しての説明があります。説明が終わりますと、契約書控えとカードが発行されます。
発行されたカードはその日より利用が可能です。

 

五、カード発行、即融資可能です。
発行されたカードを使ってその場で融資を受ける事ができます。
カードは設置されているATMを使うと融資を受けられます。現在では、コンビニなどでも利用できる場合があります。返済計画をしっかり立てて計画的な利用をすると大変便利です。
 






 
     
 
(C)COPY RIGHT ハウトゥキャッシング ALL RIGHT RESERVED
 



SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO